28
2016

災難は忘れたころにやってくる③

CATEGORY税務署
さてさて、もうかれこれ3ヶ月以上税務署と戦っている私とアレクセイです・・・。


以前のブログはこちら↓
災難は忘れたころにやってくる①
災難は忘れたころにやってくる②



前回はインターネット上の自分のアカウントから提出した書類が姿を消す・・・という珍現象に見舞われ
6月16日に相当慌てて税務署へましたが、
書類自体はしっかり届いていたのでほっと一安心。


税務署のほうでまだ作業が終わってないということで、
21日から24日までに作業を終わらせて連絡すると言われ、
待つものの・・・。


待てど暮らせど全く連絡がこない!!


何回も電話しようと試みたものの、
繋がらず・・・。


今日諦めてこちらから出向くことに。
税務署へ行くのは今年何回目か・・・(苦笑)


本来であれば、無事作業が終わっていて
あとは私の銀行口座を教えてお金が返ってきておしまい
だったはずなんですが・・・。


な、なんと!!!


最後の最後でどんでん返し!!!
ここまで一切書類に不備がなかったのに、
最後の最後で何か問題があったらしく
0からやり直しを告知されたという・・・。


というのも、以前大学で所得税を多く払っている、といわれた私。


そこで税務署でその多く払った分を返してもらう予定だったのですが・・・。
何の紙かわかりませんか、税務署側が最終的な確認したところ、
大学側の書類には『返金なし』と記載されていたそうです。

解釈の仕方としては、
1. 大学側が既に返金している。
(実は毎月給料に少しずつ返金してもらっていた。)

もしくは

2. 大学側が勝手に書類をすりかえたか、計算を間違えたか(苦笑)

1番の可能性は低いです。
大学側からは『大学で全て返金できないから、残りの分は税務署へ行け』
と言われているので・・・(笑)

としたら2番目が有力かな・・・。
でもそうしたら、大学側が再度正しい文書を作らなければなりません。
おまけにもうすぐ7月。

私の担当の人が休暇に入ってしまったら、確実に時間がかかります・・・。


もし仮に1番が正しくて、
全て返金済みだとしたら、私たちは税務署へ『所得税の返金はありません』という旨の
文書を書かなければなりません・・・。

いや、私たちに否はないのに・・・(苦笑)


今まで右往左往してがんばってきたのに
最後の最後でこれはありえない(苦笑)


しかも、大学と税務署は何も関係がないので、
何か書類に不備があったら、税務署は『これ違う』の一言で私たちは放り出されます(笑)
あとは自分たちの力でなんとか解決しなければいけません。

これがなかなか地味にハードなんです。


ロシアは
1歩進んだと思ったら、2、3歩下がります。



なんか、これだけで今日は本当に疲れました(苦笑)


では、今日はこの辺で
Пока пока


まだまだ始めたばかりなので、情報も少ないですが
もしよろしければ、応援よろしくお願いします!↓

Tripuuu


↓↓↓こちらもお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ









関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment