24
2016

РВП⑤(短期滞在ビザ)

さてさて、ようやく移民局との戦いが終わり、今日はその後についてお話します。
このネタでひっぱりすぎですね(笑)

前回までの話はこちらです
РВП①(短期滞在ビザ)
РВП②(短期滞在ビザ)
РВП③(短期滞在ビザ)
РВП④(短期滞在ビザ

さて、5月19日になんとか書類を提出した私たちは、
6ヶ月間の審査期間を経て無事11月13日にРВП(短期滞在ビザ)をゲットしました

ほぼ半年かかりましたね

移民局に言われたとおり、半年経つころに何度か受け取り場所へ足を運び
ビザができているかどうか聞きに行きました。

※リャザンの移民局は電話に絶対出ません。
少なくとも、私たちのときは1回も出てくれませんでした


ちなみにリャザンには日本人が私を含め2人しかいないため、
何か質問があって聞きに行くと
「あぁ、日本人ね!」とすぐにわかってくれます

こういうとき、便利ですね

その後、「準備ができた」といわれた私たちは、
11月13日に指定された時間に移民局へ行き、
半日かかりましたが、その日のうちにビザを発行してもらいました。

この日必要だった書類は、移民局でもらった受領票とパスポート、そして
Лист учёта по месту пребывания(滞在先登録証)です。

ただ、これで完了ではありません。
ここまでは、短期滞在ビザを取得するために必要だった作業です。

このあと1週間以内にまた移民局へ行き、
最後に、指紋登録と住所登録をしなければなりません。

ただ、また膨大な資料提出が必要になり、
万が一また不備があれば、出直しになります
おまけに、1週間以内にできなかった場合には罰金が発生するそうです。

そもそも、この指紋登録も1週間に2日しかやっていなかったため、
2日しか猶予がありませんでした

ちなみに、この指紋登録の際に必要な書類については移民局で何も教えてくれず、
「移民局の近くにある、ビザ申請代行業者へ行って、必要なものを聞け」とのことでした。

丸投げです

まぁ、そこへ行って必要なものはわかったので、結果オーライですが(苦笑)

必要な書類
1, Расписка, выданная в УФМС России по Рязанской области
(指紋登録証⇒当日指紋をまず取り、そのあと住所登録をします。
その際にもらうものなので事前に準備の必要なし)

2, Заявление установленного образца и анкета.
(住所登録申請書⇒ビザ代行業者にあったので、そこで入手)

3, Паспорт и копия паспорта(штамп с разрешением)
(顔写真の見開きのページと短期ビザのスタンプが押されている面のコピー)

4, Договор найма жилого помещения(не менее 3-х лет)
(家主と私との間でのアパート契約書⇒ビザ申請した際に提出した書類です。同じものを作成し、再度提出)

5, Собственник с оригиналом и копией документа, подтверждающего право собственности на жилое помещение (если регистрационное удостоверение или договор купли-продажи, то справка из БТИ)
(家の所有者のパスポート、所有者であることを証明する書類、及び、
移民局で家の所有者が4の契約にサイン⇒これもビザ申請した際の書類です。)

6, 2 фотографии: черно-белые матовые размером 35х45 мм
白黒の写真2枚(3.5×4.5cm)

7, Квитанция 350 рублей (госпошлина на регистрацию)
(申請費用350ルーブル。事前に指定された場所に振り込み、領収証が必要。)

8, Уведомление о постановке на миграционный учет
(ビザを発行した際に、もらう証明書)

以上です。

①は、当日指紋採取をしたあと、紙をもらうので、それを持ってそのまま住民登録をすれば問題ありません。

②の用紙は、ビザ申請代行業者へ行った際にあったので、そこでもらってきました。
移民局では見ませんでした(苦笑)
ちなみに、この用紙は住所を登録するための申請用紙です。
私は大学から住居を提供してもらっていたため、登録住所が違いました。
その住所から新しい住所に変えるために必要です。

④と⑤はビザ申請に必要だった、アパートに関する書類です。
全く同じものが必要になり、当日アパート所有者本人も移民局へ出向く必要があります。
私の場合はアレクセイのお母さんに来てもらい、その場で私とお母さんの間で
アレクセイのアパート(所有者はお母さん)に住む契約を結びました。

⑧はビザ発行時に紙をもらうので、そのまま提出すれば問題ないです。

以上、不備がなければその場でパスポート欄にビザのほかに住所登録のスランプが押されます。

ちなみに、この日は10時からでしたが、
やはり順番待ちリストがあったので、アレクセイは2時間ぐらい前に行きました。

ちなみに、もうビザもらったからといって、この日は楽勝だとは思わないでください・・・。
私たちここでも申請書の書き方が違うと言われ、すぐに申請できませんでした。
普通だったら出直しだったんですが、
アレクセイがうまいこと何とかその場で申請書を直し、2回目もう一度見せて何とかできました。


何というか、できればもう行きたくないところですね。
ただ、このあとも1年に1回は身辺確認のため、仕事先、納税証明などを提出する必要があります。

これ、死ぬまでやるのか・・・と思うと
すっごく億劫です。

だからといって、ロシア国籍には絶対なりたくないですけどね

ということで、これで一応長かった短期滞在ビザについてのお話が終わります。
実は、書きたいことがありすぎて、うまくまとまっていません。
もしかしたら、必要な情報がありすぎて、何かすっとばしてるかもしれません。

なので、「こんな感じなんだ!!」程度に思ってください(苦笑)

あ、そういえば、指紋を取る際に、
ゴム手袋と濡れティッシュ(サルフェートカ)が必要になります。
これも持参です(笑)

では、また明日!
До завтра



↓↓↓ご協力お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment