10
2016

Квашная капуста(キャベツの酢漬け)

CATEGORYロシア料理
ロシアの冬は、野菜が夏場の2倍ほど値上がりします。
その上、質はガタ落ちし、平気で腐っている野菜が店頭に並びます。

こんな時期のお助け食材といえば、
じゃがいも、キャベツ、にんじん、たまねぎです。

この4つは時期問わず安価でお財布にやさしい。

我が家では、冬場は必ず
「Квашная капуста」(キャベツの酢漬け)を作り置きしています。

材料はキャベツ、にんじん、塩のみです。
たくさん作った後は、そのまま食べてもよし
ビネグレットサラダにしてもよし、もしくはサリャンカという手もあります。

日持ちもするので、本当に重宝してます

今日は、ロシア人直伝の「Квашная капуста」(キャベツの酢漬け)を紹介したいと思います

材料
キャベツ 2㎏
にんじん 200g
塩 40g

バケツ
重し

 P1140095.jpg


P1140113.jpg
↑ロシアでは、バケツを使うことが多いです。
ちなみに、酢漬けは室内で3日間ほど発酵させます。

作り方
① まず、4面おろし器の2番目に大きい部分を使って
にんじんをおろします。おろしたら、ボウルに入れておきます。

P1140098.jpg


② 次に、キャベツを4つに切りますが、芯は取らないでください。
また発酵させるためにキャベツの葉が一枚必要になるので、
取っておいてください。


P1140102.jpg


③ 4つに切ったキャベツを千切りにしていきます。
1/4切りおわったら、にんじんと塩を加え台の上で混ぜます。

P1140106.jpg
↑こんな感じで切ります。芯があると、切りやすいです。


P1140109.jpg
↑バケツに全て入れてから混ぜるとムラができてしまうので、
1/4ずつ混ぜてください。


P1140112.jpg
↑混ぜるとキャベツから汁が出てきて、やわらかくなります。
これでOK。

P1140117.jpg
↑バケツに入れます。
この繰り返しです。


④ 全部終わったら、最後バケツの中に入っている材料をよく混ぜてください。


⑤ ①で取っておいたキャベツの葉を載せ、そのあと重しをのせます。
私の家には重しがないので、はちみつが入っているビンを使っています。

P1140118.jpg
↑こんな感じに派をかぶせてください。


P1140119.jpg
↑重しです(笑)


⑥ 最後に布をバケツにかぶせて下さい。

P1140120.jpg


⑦ 発酵させなければならないので、室内の暖かいところ(16~20℃)に置いてください。
そして毎日しっかり混ぜることを忘れないでください。
暑すぎる場所や、混ぜるのを忘れると失敗します。

3日ほどで酢漬けが完成します。


本日作ったばかりなので、完成した写真はまた後日ここに載せたいと思います。



では、今日はこの辺で
Пока пока


↓↓↓ご協力お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ










関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment