リャザン国立大学日本語弁論大会

本日は、記念すべき第10回目の日本語弁論大会でした。
なんだかんだいって、私もここで働き始めてもう5年目。
そう考えると、もう5回もこの日本語弁論大会の準備してるんだなぁ・・・と思わず思い出に浸ってしまいます。


今年はリャザン大学の学生12名と学外から3名、計15名の参加がありました。
去年に比べ、かなり人数が増えましたヽ(´∀`)ノ


18595545_10154913286943978_1009051820150853749_o.jpg


fyMeIAKfjfk.jpg
↑司会者

一人は日本語、もう一人はロシア語です。
主役jは弁論大会参加者ですが、一番重要な仕事はこちらです。
司会の台本は日本人教師が準備しますが、
それをロシア語に翻訳するのは学生の仕事です。

高い日本語能力が必要なため、
こちらの仕事は高学年にお願いしています。


mY9Wa_3vzuk.jpg
↑発表する学生。


練習のときはスラスラ言えていた学生も、
大舞台に立つとやはり緊張します。


それでも、しっかり最後までやり切った学生たち。
授業とはまったく関係ありませんが、
こうやって積極的に行事に参加してくれるのはうれしいです。


lz1ukvOi29g.jpg
↑私の知り合いで、毎年参加してくれます)))


また今年は出し物としてソーラン節にも挑戦。
一ヶ月ぐらい前から練習をはじめましたが、
ようやく形になったのは、弁論大会の1週間前。

テンポが速く、何回も連続して練習できないためなかなか大変でした。
『難しすぎて当日までに間に合わないかも・・・』と思っていましたが、
当日は上手にできていたのでほっと一安心。


Oy86iMQP-_A.jpg
↑日本語主専攻の1年生にダンスをしてもらいました。


QyntZY0rk44.jpg
↑狭い室内で力強く踊った学生(*´v`)



↑ビデオも撮りました。


そして、ソーラン節のほかにも、
みんなで合唱しました。

歌は槇原敬之の『どんなときも』です。
日本人なら誰でも知ってる勇名な曲を選びました。


IMG_4091.jpg
↑『どんなときも』を歌う学生


反省点はかなりありますが、
それでも、無事なんとか弁論大会が終わってよかったです。


明日は引き続き、日本文化祭が開催されます。
私は料理担当なので、明日は朝から食堂の調理場にこもりますヽ(´∀`)ノ



では、今日はこの辺で
Пока пока


まだまだ始めたばかりなので、情報も少ないですが
もしよろしければ、応援よろしくお願いします!↓

Tripuuu


↓↓↓こちらもお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ: 大学のお仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する