14
2017

Пирожки(ピロシキ)③

CATEGORYロシア料理
ロシア料理といえば、ボルシチと並ぶぐらいポピュラーな食べ物が『ピロシキ』。
日本のおにぎり的存在のピロシキは、1コ25~30ルーブルほど(50~60円)と安いので、
ちょっと小腹がすいたときによく食べられています。

私のブログでもすでに2つほどレシピをご紹介してますが、
今回のレシピは量が少なめなので、作りやすいし、
生地の焼き上がりもとってもフワフワで、かなりおススメです

以前紹介したレシピはこちら↓
Пирожки(ピロシキ)①
Пирожки(ピロシキ)②


材料(20個ぐらい)
牛乳 300ml
イースト 小さじ2
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1
卵 1コ
小麦粉 500g
植物油 大さじ6

照り用卵 1コ

19059173_10154982777603978_9125426517624456794_n.jpg


作り方

①鍋に牛乳を入れ弱火にかけ、
人肌に暖める。指を入れてぬるいぐらいが目安です。
熱すぎるとイースト菌が死んでしまうので注意してください。


②①の牛乳の50mlぐらいを別の容器に移し
イーストを入れます。ここでは混ぜないでください。
10~15分ほど置いておくと、イーストが膨らんでくるので、
そのあとよく混ぜ合わせてください。

19059155_10154982777353978_6171737093446291201_n.jpg


19224956_10154982777098978_1586949678639245314_n.jpg
↑15分経過

③①の残りの牛乳を②、卵を入れてよく混ぜます。

19146045_10154982776673978_984619465801037886_n.jpg


④③に小麦粉を加えさらによく混ぜます。

19060049_10154982776428978_7481533310600118449_n.jpg


19059743_10154982776318978_5935488151631825835_n.jpg


⑤最後に植物油を加え、しっかり混ぜます。

19060003_10154982776188978_8109959505194249136_n.jpg

⑥暖かい場所で1時間ほど寝かせます。
乾燥しないように乾いた布をかぶせてください。
(生地が2~3倍ぐらいに膨らんだOKです。)

19145973_10154982776038978_3374155644189946035_n.jpg


19105780_10154982775903978_7317033445151362380_n.jpg
↑1時間後


⑦膨らんだ生地を少し混ぜ、
さらに1時間ほど暖かい場所で寝かせます。


⑧50gずつに分割し、丸め生地の完成です。
あとは好きな具を入れて焼くだけです

19059630_10154982774273978_7604927174132160768_n.jpg


19224957_10154982774108978_6046682529932970260_n.jpg
↑丸めた生地を伸ばして、
ぎょうざを作るように成型していきます。


18920564_10154949586193978_2260215041491456267_n.jpg
↑ひっくりかえします。


19224920_10154982773898978_8523175250176784967_n.jpg
↑照り用の卵を塗り、オーブンで焼きます。


前回Пирожки(ピロシキ)②を作った際は、
牛乳ではなくお水を使いましたが、ピロシキはやっぱり牛乳を使ったほうが
やわらかくておいしいような気がします。

私がピロシキを作るときは、
絶対『じゃがいも』、『キャベツとたまご』を具として入れますが、
ジャム入れてもおいしいですよね。

それにしても、やっぱり料理は面白い
日本に帰れるんだったら、料理教室に通いたいぐらいです。

そんなお金ないけど


19105561_10154982773453978_7022943471568177605_n.jpg


では、今日はこの辺で
Пока пока


まだまだ始めたばかりなので、情報も少ないですが
もしよろしければ、応援よろしくお願いします!↓

Tripuuu


↓↓↓こちらもお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ













関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment