01
2017

日の出が早すぎる

CATEGORYロシア生活
ロシアは冬と夏とで日照時間に大きな差があります。

私が住んでいるリャザンは
冬場の日の出が8時すぎ、日の入りが16時過ぎ(1月)。
夏場の日の出が4時すぎ、日の入りが21時近く(現在)。


ちなみに、東京は
冬場の日の出が7時前、日の入りが17時ごろ(1月)。
夏場の日の出が5時近く、日の入りが19時近く(現在)。


東京の夏に比べたら、3時間ぐらい日照時間が長いんですね。

実は私、氷点下20℃まで下がるロシアの冬よりも、
夏のほうが体調を崩しやすいです。


正直、ロシアの夏なんて日本のに比べたら、かわいいものです。
日中暑くたって、27℃とかですからね。
しかも、湿気もないので日陰にいれば涼しい。


ですが、私は毎年夏の間はかなりの確率で頭痛と倦怠感及び眠気に襲われます


考えられるのは、2つ。

1つ目は、日差しが強すぎること。
直射日光当たると、けっこうつらい。
日本に行ったことがあるロシア人は「日本のほうが日差しが強い」と言いますが、
私からしたら、ロシアのほうが断然強く感じます。


そして2つ目は、夏場の生活リズム。

私の住んでいる部屋は
雨戸がありません。
そのため、朝4時になると朝日が部屋に差し込んで目が覚めてしまいます。


遮光カーテンはあるんですが、
それでも、隙間から差し込んでくる朝日で起きてしまう。


そうなると、もう眠れない


ということで仕方なく起きて活動を始めるんですが、
朝早く起きすぎるせいか、
3時、4時ごろになると眠気に襲われたり、日差しで具合が悪くなってることが多いです。


そのため夕方になるとほとんど何もできない状態になることが多い。


無理しようと思えばできるんですが、
効率が明らかに悪くなってしまうので、
夏場は基本的に4時ごろ起床し、夕方は無理をせず、昼寝(?)をするか、
19時、20時ごろに就寝するようにしています。


早寝早起きですね。
もう、おばあちゃんじゃんっていう感じです


ロシアに来てからというもの、
夏場は毎年こんな調子です。
「早寝早起きは三文の得」なんていいますが、
本当なのかどうか・・・。

5年ここで生活していても
いまだにこちらの環境に慣れない私。

ときどき悲しくなります。


では、今日はこの辺で
Пока пока


↓↓↓こちらもお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ


.





関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

みみママ  

激しく同意

こんにちは。
モスクワに来て、一ヶ月半になります。

そうですよね?モスクワの日射し、強いと思います。
脚とか、指輪の跡とか、短期間でハッキリくっきり日焼けしました。涼めで油断していたせいかもしれませんが。

私も5時には目が覚めるので、昼寝は必須ですね。

2017/08/02 (Wed) 11:30 | EDIT | REPLY |   

RIE  

Re: 激しく同意

はじめまして!
コメントありがとうございます。

やっぱりそう思いますか?!
「ちょっと外出するだけなら・・・」と思い、
日焼け止め使わなかったり、日傘を差さないとすぐに焼けてしまいます。

やっぱり早起きになってしまいますよね。
昼寝を取るのはいいんですが、私の場合、ときどき昼寝じゃなくなってることもあるので、
うまい昼寝の仕方を知りたいです。


2017/08/03 (Thu) 10:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment