15
2017

ロシアの配送サービス

CATEGORYロシア生活
昨日、18時半ごろに冷凍庫を配送してもらった我が家。
実は、ロシアで家電製品を自宅まで配送してもらうのは今回が初めてでした。


もちろん、内心は・・・ビクビク


自分で持って帰れるんだったら、できればそうしたかったんですが、
さすがに冷凍庫は・・・。


ということで、仕方なく(?)お店で配送をお願いしました。


まず、配送料金ですが、
私はリャザン市内に住んでいたので、390ルーブル(780円)でした。

ここだけ見ても、いかに日本のサービスがいいかわかりますよね。
日本だったら、無料配送してもらえる金額分買い物してますから。


まぁ、でも自分で持って帰れないので仕方がありません。
で、時間を聞くと・・・。


店員:最短で2日後、土曜日ですね。配送時間は10時~22時です。


・・・一日家で待てと!?Σ(´Д`*)


これにはさすがにアレクセイも驚いていました。


店員:あ、もちろん、配送1時間前にちゃんと連絡入れますので。


日本だったら完璧ごねてるか、
文句を言いそうなサービスですが、ロシアだとあきらめるしかありません。


配送してくれるだけでもありがたいと思います。


で、それでお願いし、
昨日は朝からずーーーっと家で待機してました。
まぁ、ちょうど翻訳の仕事がけっこうあったので、私は別に問題はなかったんですが、
それでも、いつくるかわからない荷物を待っているのってなかなか大変ですね。

で、15時ごろに一度配送員から電話がありました。


配送員:冷凍庫店舗でチェックした?


アレクセイ:ええ、しましたけど・・・。


てっきり配送1時間前の連絡だと思ってたんですが、
そうではなく、商品をしっかりチェックしてるかどうかの確認でした。


配送員:確認してるんだったら、大丈夫だよね。一応梱包に損傷がなければ、中身は問題ないってことだから、俺に責任はないよ。だから、玄関に冷凍庫運んだあとすぐサインしてくれる?


おいおいおい・・・。


いや、わかりますけどね。
責任取りたくないからそういいたくなる気持ちは。

でも、さすがに配送だけしてもらって、
配送員がいなくなったあとに梱包を開けて中身に不具合があったら
かなり面倒なことになるので、それは断固拒否。

しっかり、中身を確認して、
電気がつくかどうかまで見てからサインする旨を伝えました。

要はこっちが書類にサインするまでは
配送員帰れませんからね。
私たちが要求をのむ必要はまったくありません


すると、配送員はまだ何時になるかわからないから、
配送1時間前に電話する、とだけ言い残して電話を切りました。


きっと、さっさと作業が終わるんだったら、
私たちの家に先に冷凍庫を運びたかったんでしょうが、
チェックもなしで商品受け取りなんて絶対ありえませんからね。


で、結局17時過ぎにもう一度電話があり、
18時半ごろに配送してもらいました。


びっくりしたのは、
配送員が一人でキャリーカートを使って冷凍庫を7階まで運んできたということ。
もちろん、エレベーターはあります。


でも、冷凍庫のサイズがちょうどエレベーターぐらいあったので、
あちこちぶつけてましたね。


玄関からどうやって運ぶのか見てましたが、
1階のエレベータに乗るときも、7階についたときもあっちこっちガンガンやってました


まぁ・・・でも、一応電気もついていたので、
サインしましたけどね。

でも、絶対商品確認しないで
サインは絶対にしてはいけないな・・・と痛感した一日でした。


では、今日はこの辺で
Пока пока


↓↓↓こちらもお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ


.





関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment