28
2017

Тула(トゥーラ)へ①-『プリャーニキ博物館(Музей «Тульский пряник»)』

さて、夏休みも残りわずか・・・ということで、
日帰りでしたが、旅行に行ってきました。


今回は・・・Тула(トゥーラ)!!
モスクワからは南に約180km。




地図をみると、東に『Рязань』という私が住んでいる町があります。
ここからは西に約180kmです。
車で行く場合は、約2時間半~3時間かかります。


トゥーラは古くから武器の生産で有名です。
ピョートル大帝の時代に、街には大規模な武器生産工場が建設されています。


また、サモワール(ロシアの湯沸かし器)や、プリャーニキ(伝統的な焼き菓子)の代表的な産地です。


トゥーラ自体はあまり日本人に馴染みがないかもしれませんが、
とても歴史ある町で、観光におすすめです。


今回は、私が行ってきたおすすめの観光スポット
・プリャーニキ博物館(Музей «Тульский пряник»)
・国立武器博物館(Тульский музей оружия)
・クレムリン(Тульский кремль)
・サモワール博物館(Музей "Тульские самовары")
をご紹介しようと思います。


プリャーニキ博物館(Музей «Тульский пряник»)


21150419_10155206097888978_7422911524064978893_n.jpg
↑プリャーニキ博物館(Музей «Тульский пряник»)

プリャーニキは『Старая тула』と『Ясная поляна』の2つの会社が有名で、
この博物館は、135年も歴史がある『Старая тула』が経営しています。


プリャーニキ(スパイスケーキ)で有名なトゥーラ。
このプリャーニキの起源は、9世紀にまでさかのぼるとか。


当時のプリャーニキはスパイスなどは一切使われず、
また、砂糖の代わりにはちみつが使われていたそうです。


館内ガイドさんの話によると、
はちみつを使うことで、長時間保存することが可能になり、
当時は貴重な食べ物になったとか。


21077312_10155206097773978_876443371318507562_n.jpg
↑館内の様子


さて、ではなぜトゥーラでプリャーニキが有名になったのか。


それは、トゥーラが武器生産の町だったことがひとつあげられます。

写真を見てみると、木の押し型がありますよね。
プリャーニキはこの押し型を使うことで、きれいな絵柄や文字を作り出します。

当時武器の生産で栄えたトゥーラには、
銃職人がたくさんいたため、この木の押し型を作るのに必要な技術を持っていました。

そして、この押し型が次第に精巧になっていった結果、
トゥーラ産のプリャーニキが他の地域よりも有名になっていった・・・というわけです。


21151718_10155206098003978_2436006419729832930_n.jpg
↑木の押し型

21151697_10155206097693978_5175103396090795886_n.jpg


押し型には、樹齢30年以上の白樺の木か梨の木が使われるそうです。
木型は大きさや柄によって2週間から3ヶ月かけて作られるとか。


当時の職人さんたちは学問に通じていなかったため、
文字を彫る際にスペルを間違えて木型を作ってしまうことがあったそうで、
館内にもそのスペルが間違っているプリャーニキが展示してありました。


21106430_10155206097293978_7493761718991671268_n.jpg


館内は主にプリャーニキの歴史に関してで、
作っている様子はビデオで見せてくれました。


トゥーラのプリャーニキは必ずジャムが入っていて、
どんなのが入っているのかは外から見えないようになっているのが特徴らしいです。


21106566_10155206098138978_3856000627707415214_n.jpg
↑50kgもあるプリャーニキ

展示してあったプリャーニキで一番大きいものは50kg。
これ、ロシア国内で最も大きいんだそうです。
ちなみに、一番小さいものは50gだとか。

お祝いの席でも使われるプリャーニキは、
注文に応じて、特別な木型を作っているそうで、
ロシアの有名な会社の名前とロゴが入っているものもたくさんありました。

21192857_10155206098398978_8270480835304546248_n.jpg
↑スベルバンク


21192484_10155206098313978_261850773245252804_n.jpg
↑ロシアの有名なテレビ番組、ラジオ番組など

ガイドはロシア語のみですが、
見ているだけでも、プリャーニキの歴史を知ることができるので、おすすめです。


博物館の隣にはお店があり、そこでおいしいプリャーニキを購入することができます。


【プリャーニキ博物館(Музей «Тульский пряник»)】



住所:ул. Октябрьская, 45а.
電話番号:+7 (4872) 777 390.
営業時間:10時~16時(事前に予約が必要)
ガイド料金:1000ルーブル(人数が多ければ1人150ルーブル)


興味がある人はYoutubeでもプリャーニキ博物館(Музей «Тульский пряник»)の紹介動画があるので探してみてください。




では、今日はこの辺で
Пока пока


↓↓↓こちらもお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ




.





関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment