24
2017

Клюква с медом(クランベリーのはちみつ漬け)

CATEGORYロシア料理
昨日、ダーチャでたくさんとれたトマトをアレクセイママにおすそ分けにしにいったら、
お返しにКлюква(クランベリー)をもらいました


57adeabb82df8.jpg
Клюква(クランベリー)


Клюква(クランベリー)は6月に花を咲かせ、
9月に実がなります。


つまり、今がちょうど収穫時期っていうことですね。
先日ご紹介したБрусника(コケモモ、リンゴンベリー)とすごく似ていますが、
こちらのほうが実が大きいです。

Клюква(クランベリー)はポリフェノール、ビタミンCをはじめとする
さまざまな抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれています。


そのため、ロシアでは民間療法によく使われます。


主な効用は
・免疫力アップ
・消化を助ける
・血液中のコレステロールを低下させる
・血圧を下げる
・利尿作用

などなど・・・。


まさに、スーパーフルーツ!!


・・・で早速味見をしたんですが・・・めちゃくちゃすっぱくて、渋い・・・。


Клюква(クランベリー)
生食だと酸味と渋みが強いため、そのまま食べるのは難しいです


そのため、ロシアではジャムにするか
ジュースなどにすることが多いようです。

ただ、ジャムは加熱処理が必要になってしまい、
貴重な栄養素が失われてしまうので、なるべく加熱処理だけは避けたい・・・。


でも、そうすると日持ちしないしな・・・。


ということで、
もらった1kgのうち半分は冷凍保存して、
残りははちみつ漬けにして、冷蔵保存することにしました。


21761924_10155275893868978_49642854490008574_n.jpg
↑もらったКлюква(クランベリー)


22007661_10155276082498978_141708669479478845_n.jpg
↑冷凍専用のビニール袋に小分けに入れてます。


残りのКлюква(クランベリー)はブレンダーでつぶし、
あとははちみつを加えれば完成です

22045795_10155275894383978_8960059855737737953_n.jpg
↑Клюква(クランベリー)とはちみつ


あとは、ビンに入れて、
冷蔵保存します。

21687524_10155275894528978_3339950820010825095_n.jpg
↑こんな感じ。


あとは、毎日紅茶のお供にティースプーン2、3杯食べれば、
健康が維持できる!!にちがいない


今年は冷凍庫買ったので、
もう、なんでも冷凍庫に詰め込んでますね


もし、ご自宅にクランベリーがあれば、
ぜひ試してみてください


ちなみに、はちみつとクランベリーの割合は1対1ですが、
好みに合わせて調整してください


では、今日はこの辺で
Пока пока


↓↓↓こちらもお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ




.





関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment