12
2017

ロシアはコネ社会である

CATEGORYロシア生活
ロシアで生活する上で必要なことは、
いかにコネ・・・というか、人脈を広げられるかどうかにかかっています。


これはきっとロシアに住む人みんなが感じることではないでしょうか。


はっきりいって・・・コネなしでロシアでの生活は絶対無理。


アレクセイも、家族よりも信頼できる友人のほうが大切だとか言ってるぐらいです。


正直、「そこまで言うか・・・。」と思ってしまいますが、
やっぱり、知り合い(コネ)が多いに越したことはありません。


・・・でなんで急にコネの話なのか・・・というと、
今年7月に32歳になった私も、「そろそろ子どものことを真剣に考えようかな?」と知り合いに相談したところ、
とりあえず病院行ったほうがいいとということになり、あっという間にコネをフル活用し、評判のいい医者を紹介してくれたから。


知り合いは顔が広いので、
相談するとあっという間です。


アレクセイも建築の大学や、合気道仲間がけっこういるので顔が広いほうだと思いますが、
子どもの出産に関してはまったくわからなかったので、本当に助かりました。


・・・で紹介してもらったのが、自宅から車で10分程度のところにある
РОДИЛЬНЫЙ ДОМ №2という国立第2産婦人科病院。


РОДИЛЬНЫЙ ДОМはよく省略されて、
роддомって言われています。


ちなみに、知り合いの情報だと、
ここで働いている医者8人のうち、まともなのは3人しかいないそうです



たった3人だけかよ・・・。
と思ってしまいますが、まぁ・・・こっちじゃあり得る話ですね。


で、とりあえず20日に診察があるので、
いろいろ話を聞いてくる予定です。


できれば、私立の産婦人科病院で産めたら・・・と思う私ですが、
結局、大金払ってもそこまでいいサービスが受けられるかは謎なので、
今回は国立でチャレンジする予定です。


国立病院は「刑務所か?」って思うぐらいのところが多いし、
医者もぶっきらぼうで、精神的にダメージを与えてくる人もいるので、
正直、今からブルブル震えている私です。


・・・まぁ、ゴタゴタ文句言ってても仕方がありません。
日本じゃない時点で、日本のよう高い質を求めるのは間違いですから。
(頭ではわかっていても、なかなか受け入れられませんけどね


とりあえず、知り合いの紹介した医者を信じようと思います。



では、今日はこの辺で
Пока пока



↓↓↓こちらもお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ




.





関連記事
スポンサーサイト

1 Comments

Ken  

はじめまして。
ロシアはコネ社会なんですね。
ソ連崩壊以降長らく社会不安が続いたからかもしれませんね。
アルゼンチンなんかも自分の仲間以外は信用しない、騙し騙されが普通の社会らしいです。
ロシアでは今でも「屋根」のような文化は残ってるんでしょうか?

2017/10/26 (Thu) 13:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment