24
2017

譲らないロシア人

CATEGORYロシア生活
日本人の私がこちらに来てずーっと感じること。


それは・・・。



もっと譲り合えばいいのに・・・。




ロシア人(特に女性)は特に譲らない。
自己主張がめちゃくちゃ強く、自分が発言したことを断固と曲げようとしません。


相手も相手で、意見を曲げないので、
もちろん、会話はデッドヒート。


私からすれば、喧嘩にしか見えません。



例えば、昨日のマルシュルートカ。


つい最近、リャザンでもPASMOやSUICAのようなICカードが誕生し、
マルシュルートカをはじめ、バス、トロリーバスで運賃を支払えるようになりました。



・・・が、このシステム、見切り発車としか思えない。


というのも、マルシュルートカによっては、ICカードを読み取る機械が設置されていないからΣ(´Д`*)



・・・で昨日通勤中に事件が発生。


絶対ICカードで支払いたい乗客と運転手の間で口論。


運転手:読み取り機ないから、現金で払って。


乗客:は?なんで私が現金で払わなくちゃいけないの?


運転手:いや、だから機械ないんだって。


乗客:そんなの知らないわよ。私はちゃんとICカードを持ってるんだから。


運転手:現金ないなら、降りろ!


乗客:知らないわよ。読み取れないなら、そのまま乗るわ。機械がないからって、こっちのせいにしないでよね。




口論中はもちろんマルシュルートカは動きません。
周りの乗客も次第にイライラし始めます。



他の乗客:早くしろよ。ってか、現金あるんだろう?さっさと現金で払えばいいのに・・・。



なんて、火に油を注ぐようなことを言うものだから、
次第には乗客全員が思い思いに自分の意見を言い出す始末。



乗客:絶対現金で払わないわよ!第一小銭持ってないんだから!!


他の乗客:じゃあ、降りろよ!読み取り機ないんだから!



乗客:言われなくても降りてやるわよ!こんなマルシュルートカ、こっちから願い下げだわ!



という感じで、最終的にICカードで支払いたかった乗客が降りて無事(?)終了。



マルシュルートカの運転手って、けっこう荒っぽい言い方をする方が多いので、
私もときどきイラっとしますが、そこはぐっと抑えています。


それにしても、ここまで堂々と自分の気持ちを伝えられるって、幸せだと思います。


5年住んでいますが、
いまだにロシア人と対等になって、こんな風に話なんかできない私は、
いつも自分が1歩下がってます。



いつの日か、これができなくなったら、
私も晴れてロシア人の仲間入りできるのかもしれません。




では、今日はこの辺で
Пока пока



↓↓↓こちらもお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ




.





関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment