11
2017

イレギュラーの多い国・・・合言葉は「Это Россия(これがロシア)」

CATEGORYロシア生活
イレギュラーは突然やってきます。
もう、それは突拍子もなく。
(だから、イレギュラーなんだけどね


今回のターゲットはリャザン大学に赴任したばかりの新しい同僚


日露青年交流センターから派遣されている先生なのですが、
以前働いていた方は3年間の任期を満了したため、
今学期からは新しい先生が来ています。


・・・で何が起こったのかというと・・・。


今月5日からようやく給料がもらるようになったんですが、
新任の先生はもちろんこちらの銀行のカードなど持っていないので、
契約書を作成する際に、大学構内にあるカッサで直接現金を受け取るということにしたんです。

実は、私も最初の1、2年間は手取りで、
月2回ほど給料受け取り日には長蛇の列ができるカッサで受け取ってました。
(授業の間の休憩が10分しかないので、これけっこう負担


同僚:先生、大変です。なんか、1人でカッサに行ってみたんですが、銀行のカードがないとお給料受け取れないそうです。



・・・はぃ!?(゚д゚)



私:いやいや、そんなこと聞いてないし、以前私だって現金で受け取れてたから、何かの間違えじゃないでしょうか?


東洋言語学科の学科長:契約書を提出する際に、現金で受け取りって申請したわ。だから、受け取れるはずよ。


ということで、私と同僚の二人で再度挑戦。


私:すみません、新しい同僚が給料を受け取りたいんですが・・・。

カッサのおばちゃん:は!?銀行のカード作んなさいよ!!ここにはお金なんてないわよ!


私:え、でも・・・。


カッサのおばちゃん:とにかく、ここじゃ受け取れないわよ。会計課に行ってくれない?!


さらに質問しようとする私を遮り、
ただただ「ここじゃ受け取れない」を連呼するカッサのおばちゃん。


ロシア人って、こういう人多いですよね。


できないのは女性の荒々しい反応を見ればわかるんだけど、
じゃあ、どうすればいいのかを教えてくれない。


ただただ、できないの一点張り。


まぁ、それ以上は彼女の仕事じゃないので、
教える義理もないですけどね。


ということで、おとなしく引き下がり、
会計課へ行くと、いつもお世話になっているお姉さんから、
法律で、今学期から給料は振り込みになったと告げられました。


えー、聞いてないよー


・・・ということで、2ヶ月契約書の作成に時間がかかり、
11月に入ってようやく給料がもらえるようになったのに、新任の先生は銀行のカード作成から出直し。


今学期も半ばに差し掛かったっていうのに・・・コレって・・・
イジメだとしか思えない(゚д゚)


9月にわかっていれば、
とっくにカード作ってたのに。


ということで、学科長に報告すると・・・。


学科長:えぇ!?!?私はそんなこと全く知りませんでした!!



学科長ですらこの情報を把握していなかったという・・・。
ロシアって、何でこう部署ごとの連携が取れていないんだろう。


っていうか、そもそも契約書作成する際に誰かが教えてくれてたら防げただろうに・・・。



これで、ある学者は「ロシア人は集団主義だ」なんて言ってるんだから、笑ってしまいます。


どこがやねん!!Σ(´Д`*)


・・・ということで、振り出しに戻りました。


今日は授業のあとにスベルバンクに駆け込んで、
銀行のカードを作ってくる予定。


3ヶ月のビザなんだけど、
作れるのか微妙です・・・。
(こちらに来てから、ビザを延長するため)


こういうロシア的な状況が発生した際、
私の大学ではみんな口を揃えてこう言います。


Это Россия(これがロシア).


もう、開き直ってますね。
だとしても、まだ赴任したばかりの先生なんだから、
もっと気を配ってほしい、と思ってしまったRIEでした。


・・・ま、そんな概念この国ではほとんどないですけどね。



では、今日はこの辺で
Пока пока



↓↓↓こちらもお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ




.





関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment