23
2016

おすすめЯрмарка

モスクワへ来る方はよく「(新)アルバード通りに行きたい」
とおっしゃいます。

確かにあの通りにはДом книги(本屋さん)もありますし、
隣のアルバート通りもお土産屋さんがたっくさん並んでいます。

とっても華やかです。


が、私は値段を見てビックリして以来、足を運んでいません(笑)


全て外国人価格だからです。


ロシアの空港のお土産屋さんは通常の値段の3倍以上で販売されていますが、
アルバート通りもなかなか高いです。

中心から近い位置なので、行きやすいのは確かにありますけどね。


私のおすすめは『Вернисаж』(ベルニサージュ)というЯрмарка(ヤルマルカ)です。
Ярмаркаは日本語で「市場」という意味です。


公式サイトはこちら


Без имени-1
↑最寄の駅はメトロの3番線(青)でПартизанская(パルチザーンスカヤ)駅で下車します。
駅から1kmほど(10分)で着きます。


モスクワ都心からちょっと離れた場所にあるため、
時間がないとあまり行く気になれないかもしれませんが、
私はけっこう穴場だと思ってます。


ちなみに、赤の広場から行った場合40分程度でしょうか。


駅の近くにはビジネスホテルもあります。
おすすめはГостиница Измайлово, корпус БЕТАです。
私が泊まったときは1泊2000ルーブル以下でした。
部屋もお風呂もとてもきれいで、朝食のバイキング付でした。


P1120181.jpg


P1120183.jpg


P1130158.jpg


さて、ベルニサージュですが、
営業時間は毎日9.00から18.00までです。

入場する際に、入場料が必要です。
2012年に私が行ったときは10ルーブルでした。

ちなみに、市場が終わるころに入場する場合はお金がかかりません。
何時からかはちょっとわかりませんが。

この市場では私がお話ししたプラトークの専門店もあります。

事前にインターネットで柄だけ選んで、
市場で柄の名前を伝えれば時間短縮できると思います。

私は2時間か3時間ぐらいの滞在でしたが、ゆっくり見たければ
半日かそれ以上必要だと思います。


同じお店で大量に購入すれば割引きもできたりします!
市場ならではですね(笑)


ちなみに、ロシアではどこでもそうですが、
勝手に手で触ることはできません。


必ずお店の人にどれが見たいか言わなければなりません。
言うと店員さんがその品物だけ手渡ししてくれます。
そうしないと、かなりの口調で怒られますのでご注意を(笑)




では、今日はこの辺で
Пока пока



↓↓↓ご協力お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ









関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment