FC2ブログ
18
2019

親切心があだになった件

先週の金曜日にゼミがありました。
科目の名前は日本語の基礎。


対象は日本語副専攻の3年生。
日本語は2年次から始まったため、日本語学習歴は1年半ほど。


みんなの日本語は26課。


そんな状態で講義とゼミを振られた私。


おいおいおいおい(゚д゚)


ちなみに、リャザン大学に赴任した当時、
日本人日本語教師は、講義などの専門科目は担当せず日本語だけ教えていました。


それが最近ロシア人教師が不足し始め、
その溝を埋めるために、私に矛先が…。


…まぁ、そこはいいんですが。


新しくできた科目らしく、プリントも一から手作り。
何をすればいいのかよくわからないけど、振られたからにはどうにかするしかない。


手探り状態なので、最初の数回は講義を行い、
そのあと試しに1回ゼミをすることにしました。


ちょうど3月8日の女性の日が金曜日で授業がなくなるので、
3月1日(金)にキリのいいところまで説明し、翌日ゼミの問題を配布。


3月8日(金)は祝日で休みだから、2週間も時間あるし、何とか日本語で準備できるだろう


この親切心が仇になりました。



先週の金曜日、授業に来た学生たちはがっくりうなだれている。
しかも、8人いるのに、4人しかいない。


私:今日、ゼミですね。みなさん、ちゃんと日本語で準備しましたか?


学生:…。


私:??


学生:実は、何をすればいいかわかりませんでした。


私:どういうことですか?


学生:問題に振り仮名が振ってなかったので、読めませんでした。それに、何をすればいいのかよくわかりませんでした。情報はどこから探せばよかったんでしょうか?先生の参考文献だけでよかったのか、それともインターネットから探さなければいけませんでしたか?


私:みなさんは、英語が主専攻ですよね?講義とゼミがありますね?それと同じです。


学生:…。


私:参考文献は読みましたか?


学生:ロシア語の文献は読みました…。


私:それじゃ、ロシア語だったら問題に答えられますね?


学生:え、え~と…。じ、実は、ゼミの問題を2週間も早く送ったので、私たちは忘れてしまいました…。


やっぱり(゚д゚)


うなだれていた時点でわかりました。
問題がわからなかったとか、どこから情報を探さなくちゃいけないかわからなかったとか言い訳ばかり。


確かに、ゼミの問題は授業の1週間前とかひどいときは数日前に配られます。
そして、学生はその短期間でゼミの準備をします。短期集中型のロシア。


私が大学院に通っていた時もそうでした。


ですが、今回3年生は初めて日本語でゼミの準備をしなければいけなかったので、
時間が多いほうがいいだろうと思い、事前(2週間も前)にゼミを問題を配布した私。


しかし、これがそもそもの間違いでした。
こんな親切心、無用だったようです。


結果、学生たちは2週間前に配布されたゼミの問題のことなどすっかり忘れ、
当日になって思い出して、あわてて気休め程度にロシア語の参考文献に目を通しただけ。


ちなみに、ゼミの問題のほとんどは私が学生に送ったロシア語の参考文献にほとんど答えが書いてあります。
ってことは、ロシア語で解答できない時点で何もしてないってことがわかります。


ということで、この日はゼミの問題について軽くヒントをあげ、
少し早めに授業を終わりにしました。


大学院に通って本当によかった。
どうやって講義とゼミが進行していくのか身をもって体験してるので、こういうとき役に立ちます。


じゃないと、「振り仮名振ってなかったので…」とか「問題の意味がわかりませんでした…」なんて言われたら、
「そっか…ちょっと難しかったかな…」なんて思っちゃいますからね。


そんな甘い先生じゃないぞ~。


では、今日はこの辺で
Пока пока


↓↓↓こちらもお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



.





関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

tsujimoto  

とてもご無沙汰しております!いつも楽しく拝見してます!

「そんな甘い先生じゃないぞ~。」←素敵な先生♪僕ならけっこう厳しく叱っちゃいマス。(^-^;

2019/03/19 (Tue) 23:49 | EDIT | REPLY |   

RIE  

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
返事が遅くなって申し訳ありません。

私はもっと厳しくしたいと思ってるんですが、
なかなかできないでいます。

ロシア人の教師からは「日本人の先生は甘すぎる」っていつも言われてるんですけどね。
なかなか匙加減がうまくいかず…。

難しいですね。

2019/04/02 (Tue) 08:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment